写メ日記

厨二

2018/04/13 04:14:53

性愛sexの 技巧テク?
つまり、吸血鬼の 気質に
アネモネの 慎みを
くっつける ことだ。



事実、キリスト教中世ほど死者との
性的交通が厳格に禁じられた時代は
ない。
スペインのベネディクト派修道士
ホアン・カラムエルは 悪魔憑き
(デモノニアリテ) という言葉を
「屍体との肉交」と定義したが、
神学者たちの 証言によれば、
「インクブス(ラテン語=上に寝るもの
女に憑く淫夢魔 )に稀、
スクブス(=下に寝るもの
男に憑く淫夢魔)に稀、悪霊は 人間の
男女のみならず 獣とさえ肉交わりを
した」(ロドヴィゴ・シニストラリ・
ダミノ)のであり 、悪魔憑き 魔術師
妖術師の教会側に おける定義が、
このように 悪しき屍者(インクブス、
スクブス)との性的関係を根拠とする
もので あったからには、中世末期の
魔女迫害、異端審問は その根底に
屍者との性的関係の禁圧を目的とする
検閲体制を抱え込んで、なによりも
性sexを通じて侵入してくる伝染性の
死(ペスト)への恐怖を警告していた
ことになる。
教会が慴れていたのは 他界に関する
異教魔術的な 原理の復活であり、
屍者が永遠の眠りに就かず、たえず
蘇っては生きている人間と (精神では
ない)肉の交わりを 遂げようものと
墓下から不穏にたち騒いでいる気配
こそが、なによりも不安の種だったの
である。


昭和43年
「吸血鬼幻想」種村季弘 著
血のエロス
カトリック的倒錯
屍者交接
より
参考 抜粋



深夜にオカルト学考察?
イミフな文章を眺めてたら
🌠 (-.-)Zzz…